2022年8月 5日 (金)

ヒマワリ

見上げる高さに向日葵が一輪

1_20220805171601 

2022年7月20日 (水)

グミ

庭のグミが色付いてきた。美味しそうに見えるので一粒摘まんでみたがやっぱり口が動かなくなるほど渋い。二度と口にしたくないと思いながら毎年一粒だけは口にしている。故郷で味わった4分の3世紀前の記憶は甘いオヤツだったはずなんだけどな~

1_20220720190801

2_20220720190801

2022年7月12日 (火)

お願いだから

小さな菜園でやっと育った二十日大根の葉にたかった虫。ネットで調べたらナガメというカメムシの仲間らしい。和名では「菜亀虫」。雄雌連なっているところを見るとまだまだ増えそうだ。綺麗な姿だけどここに居て欲しくない。お願いだから何処かに立ち去って・・・

12_20220712080601

11_20220712080701

2022年7月 6日 (水)

ノハラナデシコ

数年前にどこからか庭に入り込んで定着した名が分からないピンクの可愛い花。徐々に増えて今ではこんな群落。何とか名を知りたいと図鑑をめくって見つけた名は、ヨーロッパ原産の帰化植物でノハラナデシコ。

1_20220706182801

2022年6月30日 (木)

働き蜂

ルピナス(子供の頃は「登り藤」と呼んでいたようなきがしますが・・・)が満開です。近づいて見るとエゾオオマルハナバチの働き蜂が忙しく花々の間を飛び回って蜜集めに余念がありませんでした。

11_20220630193901

12_20220630193901

2022年6月27日 (月)

北海道でも猛暑

久方ぶりに記事をアップします。別に体調が悪かったわけではないのですが長い間引っ込んでいました。

涼しいはずの北海道でも一昨日、昨日と30度超えの真夏日。暑さに慣れていない北海道人に取っては辛い2日間でした。

庭に咲いている花をアップしてみます。花の写真を撮りに庭に出て、吸血昆虫ステルス攻撃を受けました。脚に発命中。痒いです。

1_20220627112101

フウロソウの仲間ですが名は分かりません。いつ頃から我が家に住み着いているのかも不明です。可愛い花なので増えて欲しいけれどいつまで経っても一株だけです。

2_20220627112101

ハナビシソウ(花菱草) カリフォルニアポピーとも言うそうです。

3_20220627112101

咲き乱れるポピー中をお尻の白いセイヨウオオマルハナバチの働き蜂が蜜集めのため忙しく飛び回っていました。

 

2022年3月30日 (水)

やっと春

春が来るのが遅い北国にも、やっと春の気配が見えてきました。まだ雪が残っている庭で福寿草の開花です。これから一気に花の季節が来るかと思うと気分はルンルン・・・です。20220330

2022年3月11日 (金)

氷柱

日中気温が上がり、夜は氷点下まで冷えての繰り返し。お向かいの屋根のツララが背比べをしているようで面白い。

青空が拡がって、もうすぐ陽射しの春だよ~ と、告げてくれている。

Photo_20220311084601

2022年1月23日 (日)

ハイタカの狩り

寒くて、コロナで人混みには出たくないし、ボンヤリと窓から外を眺めていたらバサリと黒い影。ハイタカが狩りに成功してヒヨドリを捕まえたようだ。庭の片隅の植木の根元で、獲物をバリバリと引きちぎって貪っていた。

1_20220123153401

2021年12月 5日 (日)

初冬の遊び場

遊び場「フレメム小舎」にサラッと雪が積もり、小川の淵に薄氷が見えるようになってきた。付近を散歩し初冬の景色を楽しんだ後、小屋に入って薪ストーブで暖を取りながら至福の時間を過ごす。

1_20211205130401

2_20211205130401

3_20211205130501

«お食事中

無料ブログはココログ
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31