2017年10月16日 (月)

紅葉狩り~富里湖

北見市仁頃にある人工湖です。仁頃山(829m)の山麓に造成された農業用ダム(畑地灌漑用)で1987年(昭和62年)に完成しました。ダム湖百選に選ばれている美しいダムで、キャンプ場が整備されています。春は新緑、夏は多くのキャンパーで賑わい、秋には紅葉狩りに多くの人が訪れる憩いの場所です。ドライブがてらぶらりと訪れ、水に映える紅葉に癒やされてきました。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4


2017年10月14日 (土)

紅葉狩り~サロマ湖

佐呂間町の幌岩山頂(標高378m)にあり、サロマ湖を見下ろすことの出来るサロマ湖展望台に登ってみました。眼下に見える紅葉の向こうにサロマ湖が拡がっています。雲がかかってはっきり見えませんが、砂嘴で仕切られた向こうはオホーツク海です。晴れていればもっと素敵な景色が見られたろうにと悔しがりながら紅葉と湖の景色を楽しんできました。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年10月11日 (水)

紅葉狩り~オンネトウ

季節が進みいつの間にやら紅葉狩りのシーズン到来です。自宅から車で1時間と少し、雌阿寒岳と阿寒富士に抱かれたオンネトウに紅葉を見に行きました。山肌は錦です。穏やかな水面に写った紅色や黄色が微かに揺れていました。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4


2017年10月 9日 (月)

ヒマワリ

霜が降りようかという季節ですがヒマワリが満開です。小麦の収穫が終わった畑に植えられていました。本州では季節外れの風景かも知れません。このヒマワリは観賞用ではなく地力増進のために植えられているもので、間もなく緑肥として畑にすき込まれてしまいます。少しの間ですがドライバーの目を楽しませてくれる景色です。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4

2017年10月 7日 (土)

クジャクチョウが舞う

庭の花にクジャクチョウが舞っていました。数えてみると5、6頭は居るようです。タテハチョウ科クジャクチョウ属で、今の時期に舞っている個体は成虫で越冬するのだそうです。越冬する体力を蓄えるためにお腹いっぱい花の蜜を求めているのですね。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4


2017年10月 4日 (水)

秋ですねぇ

木々の葉が色付き始めました。野ではススキの穂が風に揺れています。日毎に秋の気配が濃くなってきました。今日は「中秋の名月」、お月見の日です。月の出の時刻には東の空に厚い雲がかかっていましたが、時間が経つと雲の上にお盆のように丸い月が顔を出しました。燦々と輝いています。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年10月 1日 (日)

ベニテングダケ

テングダケ科テングダケ属の毒キノコです。林の中で直ぐに目に付く美しいキノコですが食べられません。食べると下痢、嘔吐、精神錯乱や幻覚などの症状を起こすそうです。見つけたときには開きすぎていました。

Photo
Photo_2

2017年9月29日 (金)

キアゲハの幼虫

前にナミアゲハの幼虫が付いていた野菜畑のミツバに今度はキアゲハの幼虫が付いていました。親の姿を見かけた記憶がないのに・・・・いつの間に卵を産み付けたのだろうか。お食事中ご免ね、と草の茎で背を突いて悪戯をすると、「五月蠅いぞ」と言わんばかりに臭角を出して威嚇してきました。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4


2017年9月25日 (月)

スズメバチ

公園の遊歩道を散歩中、直径30cmはありそうなスズメバチの巣を見つけました。はっきりとは判りませんが、キイロスズメバチかと思います。多くの蜂が巣穴から出入りしていました。保育園児達の散歩コースにもなっているようなので、事故があっては大変と思い公園の管理事務所に届けました。管理事務所では把握していなかったようです。早急に駆除を依頼すると言っていました。

Photo
Photo_2

2017年9月23日 (土)

ワッカ原生花園の秋

サロマ湖の砂嘴にあるワッカ原生花園です。ススキが風に揺れ、すっかり秋色が濃くなっていました。花盛りはアキノキリンソウくらいです。

Photo
Photo_2
Photo_3

«アッケシソウ

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31