« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

秋の夜長を・・・

秋の夜長をロマンチックに過ごしましょう。博物館で開催された物作り講座に参加して「落ち葉のランプシェード」を作りました。

Photo
灯を消すとこんな感じです。
Photo_2

2016年10月27日 (木)

陽射しを浴びて

近郊の牧場です。食欲の秋、晴れ渡った青空の下で牛たちがの~んびり草を食んでいました。気持ち良さそうです。

Photo
Photo_2
Photo_3

2016年10月25日 (火)

彩りの秋~Ⅵ

我が町、美幌みどりの村森林公園です。木の葉が色付いたキャンプ場を散策してみました。夏季の喧噪が嘘のように静かです。週日のためか人っ子ひとり見当たりません。この素晴らしい景色独占の散策でした。

Photo
Photo_2
Photo_3

2016年10月23日 (日)

彩りの秋~Ⅴ

隣町にある「北海道立津別21世紀の森」です。ポカポカとした秋の陽射しに誘われて、色付いた森の中を散策してきました。

Photo
Photo_2
Photo_3

2016年10月21日 (金)

彩りの秋~Ⅳ

特別天然記念物のマリモが生育する阿寒湖の秋です。周囲が凡そ30km、水深が深いところで約45mのカルデラ湖で、観光シーズンの喧噪が去り、静かな山の湖に戻りました。すれ違う人も僅かです。「こんにちは」と声を掛け合いながら湖畔の森の散策を楽しんできました。

阿寒はアイヌ語由来の地名への当て字です。検索してみると、「アカム:車輪(雄阿寒岳と雌阿寒岳を車の両輪に見立てた)」「ラカン:ウグイの産卵するところ」など諸説がありました。
Photo
Photo_2
Photo_3

2016年10月19日 (水)

彩りの秋~Ⅲ

阿寒国立公園にあるオンネトーです。アイヌ語で「老いたる沼」「大きな沼」の意ですが、実物は周囲2.5kmの小さな沼です。陽の差し込む角度、見る方向によって湖水の色がエメラルドグリーンやダークブルーになったりすることから「五色沼」等とも呼ばれています。湖岸は彩りの秋を迎えていますが、対岸の雌阿寒岳と阿寒富士の頂上にはうっすらと雪が積もっていました。間もなく湖岸まで雪が降りてきて通行止めになり、春までの長い眠りに入ります。

Photo
Photo_2
Photo_3


2016年10月16日 (日)

彩りの秋~Ⅱ

常呂遺跡の森を散策中、マユミの果実が一際目立ちました。マユミはニシキギ科ニシキギ属の落葉低木です。高さは5m前後ですが10mになるものもあるそうです。材質が強く良くしなることから、古来より弓の材料として使われていたようです。このことから和名が付けられました。漢字では「真弓」「檀」「檀弓」などが使われています。この森で生活していた縄文時代・続縄文時代の人々が、この木から弓を作り狩りをしていたのでしょうね。

Photo
Photo_2

2016年10月14日 (金)

彩りの秋

ナナカマド(バラ科、高さ10~15mになる落葉樹)の実が色付いてきました。公園樹、街路樹として多く植栽されていて、赤く色付いた実は冬枯れ色になってきた街の景色に彩りを添えてくれるとともに、ツグミなど冬にやって来る野鳥たちの貴重な食料になっています。漢字では「七竈」と書き、7回竈に入れても灰にならないほど材が固いことから名付けられたそうです。

Photo
Photo_2

2016年10月12日 (水)

秋風に揺れて

風に揺れるススキ(イネ科 ススキ属 多年草 別名:尾花)が似合う季節がやって来ました。秋風に揺れる芒を見ると、何故か「船頭小唄」の歌詞が浮かんできます。それも一番だけ。

己は河原の 枯れ芒
    同じお前も かれ芒
どうせ二人は この世では
    花の咲かない 枯れ芒
Photo
Photo_2

2016年10月10日 (月)

ヤマハハコ

林道の路肩にヤマハハコを見つけました。キク科ヤマハハコ属の多年草です。草丈は40cm程でした。秋が深まり葉が黄色く色付き始めています。漢字では「山母子」と書きます。名前の由来を検索すると、ハハコグサ「母子草」に似ていて山に咲くから、とありました。

Photo
Photo_2

2016年10月 6日 (木)

アキノキリンソウにガガンボが

ガガンボがアキノキリンソウの蜜を吸っていました。幼少の頃、故郷ではカトンボと呼んでいたような気がします。大きな蚊のようでちょっと怖い姿ですが、吸うのは花の蜜で血を吸ったりはしません。無理に掴むと足がポロッと取れてしまうくらいか弱い昆虫です。

Photo
Photo_2

2016年10月 4日 (火)

アラゲハンゴンソウ

キク科オオハンゴンソウ属の多年草で、草丈は70cm前後です。全体に名前の由来となった剛毛(粗毛)があり、触るとザラザラした感じです。大正時代に観賞用として北アメリカから持ち込まれました。別名キヌガサギクとも呼ばれ、庭に植えられることもあるようです。現在では日本全国に繁茂し、道端、空き地、道路法面などに見られます。繁殖力が旺盛で、特定外来生物に指定され駆除の対象になっていますが、いったん入り込んでしまった動物や植物などの外来生物は簡単に駆除できるものではありません。侵入を防止することが先決ですね。

Photo
Photo_2

2016年10月 1日 (土)

越冬準備かな

庭に咲く菊にクジャクチョウが数頭群れていました。蜜を求めて花巡りをしています。秋が深まり昨夜は霜注意報が出ていました。越冬のための栄養を蓄えるのに大忙しなのでしょうね。

Dsc_7629
Dsc_7643

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31