« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

雪の帽子

夜中にサラッと雪が降り、朝にはカラッと晴れ上がった青空が眩しい。隠れ家の森の中に雪の帽子を被ったオオウバユリの果実を見つけました。莢の中には旅立ちを待つ種子がビッシリとが詰まっていました。

Photo
Photo_2

2016年11月24日 (木)

真っ赤っか

ナナカマドの真っ赤な実が小春日和の青空に映えています。野鳥たちとって冬の貴重な食料です。先ほどまでヒヨドリが群れて啄んでいましたが、カメラに収めることが出来ませんでした。

Photo
Photo_2

2016年11月21日 (月)

天辺まで登ったよ

車で走っていて赤い塊を見つけました。気になって車を停めて見たところツルウメモドキの果実です。高さは5m程あるでしょうか。天辺まで登った蔓が垂れ下がって、自分の身体をよじ登って、またぶら下がって、またよじ登っての繰り返し。幾重にも重なって団子状になっていました。これが赤い塊に見えたのですね。

Photo
Photo_2

2016年11月18日 (金)

冷気の造形

先日積もった雪は根雪にならず融けてしまいましたが、冷気は次々とやって来ます。マイナス10度の冷気が隠れ家を流れる小川に置き土産をくれました。燦々と降り注ぐ陽光に輝く氷の造形作品です。

Photo
Photo_2
Photo_3

2016年11月15日 (火)

お帰り!!

4年か5年、オホーツク海で暮らしていた鮭が繁殖のために生まれ故郷の川に帰ってきました。長い旅で身体はボロボロです。頭から尻尾まで擦り切れています。それでも産卵場所を求めて上流へ、上流へ。何匹も、何匹も折り重なるように。背びれが水面に出るほどの浅瀬を遡っていました。

Photo
Photo_2
Photo_3

2016年11月13日 (日)

見上げると・・・

気温が高めで湿った雪が降った朝、すっかり葉が落ちた広葉樹林の中を散策しながらふと見上げると、自然が描いたこんな作品を見ることが出来ました。

Photo
Photo_2
Photo_3

2016年11月10日 (木)

白い絨毯

落ち葉の絨毯が、今年は早々と雪に覆われてしまいました。白い絨毯に模様替えです。風に乗って舞ってきた落ち葉と木立の影が絨毯の模様です。隠れ家の周りがすっかり明るくなりました。

Photo
Photo_2

2016年11月 6日 (日)

一気に冬景色

心と体の準備が出来ていないうちに真っ白の世界になりました。初積雪の朝です。まだ根雪にはならないだろうけど、早々と積もった雪に戸惑っているところです。

Photo
まだ落葉前だったレンゲツツジに湿った雪が張り付いて重そうです。庭木の方も冬ごもりに入る準備が整っていなかったようですね。
Photo_2

2016年11月 4日 (金)

落ち葉の絨毯

紅葉の季節は終わりです。秋が深まり、隠れ家の周りは木々が丸裸になって明るくなり、地面には落ち葉の絨毯が敷き詰められました。歩き回ると、カサッ、カサッと枯葉を踏みしめる音が足下から上がって来ます。雪の絨毯に換わるまでしばらくは秋の名残を楽しめそうです。

Photo
Photo_2

2016年11月 1日 (火)

カボチャ かぼちゃ 南瓜

ハロウィンを前に広場に集められてた沢山のカボチャ達です。愉快な姿のカボチャもあり無料配布されていました。自由に選んで持ち帰って良いとのことで、握り拳ほどの大きさのものを5個ほどいただきました。(10月25日 北見市)

Photo
Photo_2

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »