« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

申が去る

間もなく申年が終わりです。「申年騒ぐ」の言葉通り、国内も国外も共に何かと騒がしい一年だったように思います。

Photo
              オニグルミの葉痕です。お猿さんの顔にそっくりですね。

2016年12月26日 (月)

氷の花が咲いた

冷え込んだ朝、小屋の窓ガラスに氷の結晶が張り付いて、窓一面に白い花が咲いたように見えました。この時期の冷えた朝にしか観ることが出来ない自然が創る作品です。何時までも観ていたいところでしたが、寒さを我慢できずストーブに火を入れるとたちまち消えてなくなってしまいました。

Photo
Photo_2

2016年12月23日 (金)

重いよ~

北海道全体が大荒れの天候で、空路、鉄路、陸路が大きく乱れています。当地にも大雪・着雪注意報が出ています。昨夜から湿った雪が降り続き30cm程の積雪がありました。それでもまだ降り足りないようで降雪が続き積雪量が増え続けています。庭木が雪の重さに耐えていますが、耐えきれないものも出るかも知れません。Photo

Photo_2

2016年12月20日 (火)

膨っくら雀

庭の桜の枝に雀が止まっています。寒さを凌ぐためでしょうね。羽毛を膨らませて日向ぼっこをしているようです。今朝も寒い朝でした。枝には霧氷が付いています。

Photo
Photo_2

2016年12月18日 (日)

道路がツルツル

隠れ家に向かう道路です。真冬日続きでツルツルに凍りました。道路並木のシラカバには氷の花、霧氷が咲いてキラキラ光っていました。我が家から片道約15km、20分ほどの運転ですが身体と神経が疲れます。

Photo
Photo_2

2016年12月16日 (金)

凍れた~

最低気温がマイナス16.8度に下がった朝、見事な氷の花が咲いていました。空気中の水分が凍り付いて出来る霧氷です。朝陽にキラキラ輝いていました。写真を撮るために車から降りて鼻で息をすると、ピッと鼻毛が凍るのが感じられる寒さです。

Photo
Photo_2

2016年12月12日 (月)

雪の山

近くの空き地に、除雪された雪が積み上げられて真っ白い大きな山が出来ました。スカッと晴れ上がった青空に映えています。

Photo
Photo_2

2016年12月 9日 (金)

お名前は?

変わった姿の苔を見つけました。カサカサに乾いているように見えますが、枯れているのではありません。どちらもクルミの幹に生えていました。名前が知りたくて博物館に聞いたところ、カラタチゴケとヒロハカラタチゴケという名でした。

こちらがカラタチゴケという名です。

Photo
Photo_2
こちらは同じ仲間でヒロハカラタチゴケという名です。
Photo_3
Photo_4


2016年12月 4日 (日)

フワフワッと

先日積もった雪はリセットされたように消えてなくなり、しばらく振りに新しい雪が積もりました。気温が高めで、いつもの粉雪が舞う降り方ではなく、千切れた綿飴がフワフワっと落ちてくるような感じの降り方です。朝起きてカーテンを開くと、庭が幻想的な景色になっていました。

Photo
Photo_2
Photo_3

2016年12月 1日 (木)

初冬の小川

積もった雪が融け、また積もっての繰り返し。初冬の小川の景色です。

Photo
Photo_2

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31