« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月22日 (火)

隠れ家に咲いた花~チドリケマン

ケシ科キケマン属の2年草です。草丈は1m以上になりますが、他の植物に寄りかからないと立ち上がっておれないほど軟弱な茎です。花は細長く12mmくらいです。生育地は北海道中部以東とありました。環境省のレッドデータブックでは、絶滅の危険が増大している種として絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。我が隠れ家にこのような貴重な種が生育していたのに驚きです。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月20日 (日)

隠れ家に咲いた花~キツリフネ

隠れ家のあちらこちらで4cm程の黄色い小舟が揺れていました。ツリフネソウ科ツリフネソウ属の1年草です。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月18日 (金)

ガガイモ

ガガイモ科ガガイモ属のつる性多年草で道路法面で見つけました。茎や葉に傷を付けると白い液体が滲み出てきます。花はちょっと肉厚の感じで、海にいるヒトデを連想します。立ち上がっている物巻きついて昇って行く性質があり、馬を飼っているときには放牧場の電気牧柵によじ昇られ電流が接地されるというトラブルがあって困った存在でした。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月16日 (水)

クサレダマ

サクラソウ科オカトラノオ属の多年草です。草丈は40~80cm、花径は15mmほど、道路法面に群落となって咲いていました。初めてこの草の名を聞いたとき「腐れ玉」という漢字が頭に浮かび、以来この文字が頭から抜けません。名前の由来は、花が地中海地方原産のレダマ(連玉)というマメ科の落葉低木に似ていることからでした。草の連玉ということで、「腐れ玉」ではなくて「草連玉」です。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月14日 (月)

隠れ家に咲いた花~キンミズヒキ

バラ科キンミズヒキ属の多年草で、草丈は1m程になります。1本の茎に沢山の花が付き、花の径は10mm位です。果実には鉤状の刺があり、他の動物にくっつくことで生育範囲を拡大します。以前、毛足の長い衣服でこの花の群落の中を通り全身種だらけになって酷い目に遭ったことがありました。このようなことから「引っ付き草」と言う別名をもらっているようです。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月12日 (土)

隠れ家に咲いた花~キツリフネ

黄色のツリフネソウが咲きました。ツリフネソウ科ツリフネソウ属の1年草です。草丈は40~80cm、ぶら下がっている花は3~4cm程です。小川の畔に群生し、彩りを添えていました。葉の下に釣り下がってユラユラ風に揺れる姿が可愛いですね。通路近くにも生えているので、草刈り時に刈り払ってしまわないように気をつけています。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月10日 (木)

カラフトアカバナ

アカバナ科アカバナ属の多年草です。草丈は40cm程でした。花径は4mm位で棍棒状柱頭の先に付いています。コスモスが咲く花畑の端っこに咲いていおり、目立つ花ではなかったので他の雑草と一緒に抜いてしまうところでした。本州中部以北から北海道にかけてが生育域のようです。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月 8日 (火)

ホザキナナカマド

バラ科ホザキナナカマド属で樹高1~2mの落葉低木です。隠れ家近く、美幌川の畔に群生しています。花は花径7~8mmで穂状の花序に多数つきます。遠目に見ると、フワッとした白い塊が木の中に浮かんでいるようでした。沢山の蜜を出すのでしょうか。色々な種類の蝶達が大勢集まって仲良くお食事中でした。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月 6日 (日)

マツヨイセンノウ

明治時代にヨーロッパから観賞用としてつれて来られましたが、野に飛び出し帰化しました。ナデシコ科マンテマ属の多年草です。背丈は30cmから60cmになり、花径2cmの花を沢山咲かせます。畑の縁や道端に住むのががすっかり気に入りました。

Photo
Photo_2
Photo_3


2017年8月 3日 (木)

隠れ家に咲いた花~ノリウツギ

小さな花の周りを白いチョウが飛んでいるように見える飾り花を付けたノリウツギの花が咲きました。アジサイ科アジサイ属の低木落葉樹で、高さは5mほどになります。この花は、当地ではサビタと言った方が通りが良いですね。ノリウツギと言うと、「?」と言った顔をされることが多いです。漢字では「糊空木」と書きます。樹液を和紙を漉く際の糊として利用したことにより、そして木の髄を抜くと空洞になることからこの名が付けられたようです。

Photo
Photo_2
Photo_3

2017年8月 1日 (火)

リリーパーク

我が家から知床方面に車で1時間足らず、「ゆりの郷こしみずリリーパーク」へ出かけました。10ヘクタールの園地に85品種、株数は載っていませんでしたが700万輪の花が咲くとHPにありました。園内には有料の遊覧カートがあり、ドライバー兼ガイドによる名調子の案内で周遊です。早生の花が終盤で、中手が咲き始めでしょうか。次から次と花の名前を教えていただきましたが、殆ど右から左へ、左から右へ抜けてしまいました。ガイドさんごめんなさい。百合の花園は十分堪能しました。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5



« 2017年7月 | トップページ